クリスマスローズの育て方とガーデニングスタイルBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマスローズの育て方Blogの引っ越しとサイトのリニューアル

DSCN4555.jpg

10数年にわたってクリスマスローズの育て方を中心に書いてきましたブログですが、今後は下記の
アドレスのBlogに統一してクリスマスローズの育て方はもちろん、様々な園芸植物、情報をお伝えしたいとおもいます。

http://wakaizumi.blogspot.jp/
アドレスをクリックしていただき、「クリスマスローズの花とおしゃべりBlog」をスマホやパソコンのお気に入りに登録していただけたらと存じます。

同時に、従来のホームページサイトも全面リニューアルし、パソコンだけで無くスマホにも対応できるようになりました。

http://www.wakaizumi-farm.com/
スポンサーサイト
  1. 2016/06/17(金) 21:31:35|
  2. クリスマスローズ販売情報

クリスマスローズ絹、チベタヌスの種子、残り少なくなってきました

imageh_20150611164356ee5.jpg

大失敗をやらかしてしまいました。

このブログの記事を整理していたところ、古い記事より先に一番新しい記事から削除キーを押してしまい、あっと気がついたら数ヶ月分が消えてしまった。

気がついて元に戻そうとしてもサーバーから削除してしまった記事は元に戻らなく記事だけで無く画像も昇天。


そろそろ東京も梅雨に入ったところで、クリスマスローズの種も土の中に埋め込む作業。

仕事そのものはそれほど難しいことでは無く、一番注意しなければならないことはパーライトと一緒に種を茶袋にいれてから、種と種が接触しないようにすること。

あとは保存期間中に雨が土の中に入らないよう注意すること。

それさえ守っていれば問題は無い。


お求めいただいたクリスマスローズの種も既にお客様のもとに届いて土の中に埋め込まれている頃。

ネットショップにはsold-outになってしまっているクリスマスローズの種もありますが、数年後に庭一面クリスマスローズの花で埋め尽くすには種まきからが一番。

http://www.wakaizumi-farm.com/shop/4.html

http://www.wakaizumi-farm.com/shop/6.html

image0609.jpg
  1. 2015/06/11(木) 16:58:46|
  2. クリスマスローズ販売情報

Queen Himiko

QueenHimiko1.jpg

Queen Himiko。



邪馬台国の女王、卑弥呼にちなんで名前をつけた真っ赤なクリスマスローズです。



タダの赤いクリスマスローズだと花弁の色は赤、当然雄しべの花粉は黄色、ところがこの邪馬台国の女王、卑弥呼は雄しべの軸が真っ赤。



そして丸弁のカップ咲き。



現在種子を販売していますが、既に3世代を超えていますのでほぼ間違いなく卑弥呼の特長を表してくれます。



昨年の暮れに販売された主婦の友社が出版している「園芸ガイド」で読者プレゼントにと登場しましたが、まれに見る応募で数を多くお送りした人気のある品種です。



種からの栽培ですと、発芽から満二年で真っ赤な卑弥呼の姿を見ることが出来ます。



花が咲いたら、すぐにその株を庭に数株、植えこんでいただけたらと思っています。



何故庭に、とういのかは卑弥呼の背景に真っ白なユキヤナギを植えこんでいただきたいのが育種者の希望だからです。



庭の色使い。



目をつぶって想像していただけるとご理解していただけるかと思いますが、真っ白で垂れるユキヤナギの麓に、真っ赤な赤いクリスマスローズ卑弥呼がたたずんでいたら、、、、と、、、、。


いかがでしょうか種まきのお勧め。

今だけを楽しむのではもったいないクリスマスローズ。

3年後、5年後、そして10年後にも大きく育ったクリスマスローズをお楽しみいただけたらと思っています。

QueenHimiko2.jpg
  1. 2015/06/06(土) 11:00:07|
  2. クリスマスローズ販売情報

山形から来られたお客様のもとに嫁いで行く

DSC_7074.jpg

グリーンピコティダブルのクリスマスローズ、とっても花形が良くまとまりのある花です。

昨日の夕方、農場から直売場にやってきたハイブリットの花、この組み合わせのジャンルは非常に面白い動きを見せてくれます。

数年ほど前にクロアチクスダブルをオリジナルの翡翠にかけたものですが、いざ咲いて見るとシングルしか出ないはずなのにダブルが出てくる。
そしてシングルも、、、、またまたセミダブルも同じ株から咲いてくる。

このグリーンピコティのクリスマスローズ、昨日今日と二日続けて山形から来られたお客様のもとに嫁ぐのが決まって明日にはクロネコさんが連れて行く。
  1. 2015/02/01(日) 18:14:14|
  2. クリスマスローズ販売情報
  3. | コメント:0

寒中お見舞い申し上げます

クリスマスローズ クロアチクスダブルの苗
夜半から降ってきた雪もまだ止まず庭の木々も雪に埋もれています。

ビニールハウスの中に納められたクリスマスローズたちもお客様のもとに旅立とうとしていますが、昨年の秋から暮れへの温度が災いしてか、開花が1週間程度遅れてきているようです。

数日前の暖かさはどこえやらで、これから暫くは東京の最低気温も1度前後、しかしこれは11月から気象庁が東京の気温を測る場所を大手町から皇居の北、北の丸近くに変えたための測量値。

去年より1度くらいの測定変化があると言われているので実際にはそれほど変わらないのではと思っています。

ま、元々自然界にいたクリスマスローズを人間が住んでいるところに無理矢理連れてきていますので、いつ咲くかはクリスマスローズに訪ねてみなければならないようです。

この画像のクリスマスローズはクロアチカスのダブル、花茎も数多く立ち上がり蕾も緑の単色・バイカラーなどと咲いたときの楽しみを寒い中大きくしてくれるのが何よりです。

咲き始めましたらショップの方にアップしますのでもうしばらくお待ちください。

IMG_7643.jpg
  1. 2015/01/30(金) 11:53:57|
  2. クリスマスローズ販売情報
  3. | コメント:0
次のページ