クリスマスローズの育て方とガーデニングスタイルBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キンモクセイが咲き始めた

キンモクセイ

秋の定番、キンモクセイの花が咲いてきています。
昨日のこと、何となくキンモクセイの爽やかな香りが漂ってくるなと思っていたら、一晩過ぎた今朝、黄色く彩って、なおのこと
香ってくる。

注文頂いたクリスマスローズの絹の発送にてんやわんやとなっているところにキンモクセイの香り、清涼感が忙しさを和らげ
てくれる。



スポンサーサイト
  1. 2014/09/26(金) 18:44:09|
  2. FARMのよもやま話
  3. | コメント:0

クリスマスローズ 絹

DSC_4078_20140924161216e0e.jpg

大変お待たせいたしました。

DSC_5422.jpg

DSC_5478.jpg

DSC_6632.jpg
  1. 2014/09/24(水) 16:18:16|
  2. クリスマスローズ販売情報
  3. | コメント:0

絹 ニゲル×チベタヌスの苗販売予定のお知らせ

ニゲル×チベタヌス

絹 クリスマスローズ
去年の2月頃に発芽して、植え替え植え替えを繰り返してきて1年半。

ニゲルとチベタヌスの交配種、絹の販売を準備しています。

育種を開始したのは15~6年ほど前、この交配が成功したと杉並の野田さんから聞いたのが始まり。とは言ってもハイブ

リット同士の交配では無く原種同士の組み合わせ。

最初は、まずチベタヌスを探すことから、その頃は今のように簡単に中国から山取り株が手に入る時代では無く、まだ「ク

リスマスローズ」という名を聞いたら、それはバラ?と聞かれてしまう時代。

まず交配をするにしても、ただ花粉を雌しべに付けて、ハイ終わりというわけにはいかず。

育種のセオリーを確実に守り、まず多花、そして背丈を伸ばさないようにとその個性を伝えられるニゲルとチベタヌスを見

つけ、今考えると笑い話にでもなりそうなことも試して、種を採取。

其れを何年か行って発芽してもニゲルの姿の、そして白色の花ばかり。

この交配情報は、ウソと、思えるような結果。

数を咲かせて見るのも良いのだが、出てくる花は?????ばかり。

花を見るまで数年ほどかかってしまうし、一時はニゲルもどきばかりでかなりの株を捨ててシマッタのが残念に思ってい

た頃、其れは現れて来ました。

しかし販売にはほど遠く、メリクロンと違って実生の残酷さを思い知らされることになった。

ところが、ある系統とでも言って良いのか解りませんが可能性を表してくれる組み合わせを発見。

それは、其れまでのものとは異なり、以外と良い成績。

其れが、この実生苗となっています。

花の写真は最初に咲かせたニゲルとチベタヌスの交配花。

販売できる株は20か30位、最初の交配花とは違って実生満4年ほどで淡く和紙の質感の絹をご覧いただけます。

育種した絹の花は池袋サンシャインのクリスマスローズ展に大株を飾っていますので、ご覧いただいた方も多いのではと

思います。

栽培で注意する点は蛾や蝶の幼虫に葉を食われないよう注意することと、管理が悪いとベト病を引き起こすくらいで、草

の性質そのものは非常に強健。

既に、以前販売した絹の花をブログやFBなどにあげていらっしゃる方がいますので、「クリスマスローズ 絹」で検索をか

けてみると良いのではと感じています。

絹の苗販売についてはネットショップや直売にてお届けできるよう、ブログやホームページなどで御案内を差し上げること

になるかと思います。
  1. 2014/09/07(日) 14:01:46|
  2. クリスマスローズ販売情報
  3. | コメント:0