クリスマスローズの育て方とガーデニングスタイルBLOG

  日陰の庭のシェードガーデニング、窓辺のベランダに、庭をクリスマスローズのお花で素敵に飾ってみましょう。東京から楽しいガーデニングスタイルとクリスマスローズを通信販売でお届けします。  クリスマスローズの栽培管理技術・花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方の話題と写真画像をお楽しみください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ニゲルとチベタヌスのハイブリッド絹の植え替え

絹の苗

絹の苗
10月に入って気温も下がってくる頃、絹の苗を植え替えしています。
この苗は昨年の春に発芽した苗ですが二度ほどのポット換えをされて根も十分に張って、さあ寒さに向かい根をしっかり伸ばそうとしています。

ポットから抜き出した苗には新しく白い根の先端が見られます。
今ある緑の葉はしばらくすると薄茶色になって枯れたようになるが、来年の春に新しい葉芽が顔を覗かせてくるまで、そのままにしておこう。
今、根を伸ばしているのは春から作られた葉がエネルギーの基になっているから。

植え替えのポットは12センチ、深くない通常販売されているポットですが、特に底の深いポットを使うこともありません。
用土の配合はきわめてシンプル、植物がしっかり育てばそれで良し。
何も贅沢にアレをコレをと闇雲に資材を詰め込みません。
一番、肝心なのは、いままで絹の苗が入っていたポットから大きなサイズのポットに入れられてからしばらくの間、用土の乾きが遅くなる。
従って、いままで2日に1回程度灌水していたとしたら、それを4日に1回などと、調節するのが肝心です。これは何も絹の苗に限らず、どの植物、クリスマスローズでも同じこと。

良く聞く言葉に、うちではクリスマスローズの水やりは女房に任せている、などと言う人も中に入るようだが、コレはバッテン。
少なくとも植え替えてから暫くはご自身で灌水などを行わなければクリスマスローズの苗に可哀想。
だいたい、そういう人に限って病気の山を作ってしまう。

本題の戻って、植え替え直後の施肥はバツ、今見えている白い根が1センチくらい伸びたかなと想う頃、1週間から10日後に施肥を始める。
  1. 2014/10/02(木) 13:54:18|
  2. クリスマスローズの育て方と園芸花情報
  3. | コメント:0
<<お問合せメールのお願い | ホーム | クリスマスローズ フェチダスの苗>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

クリスマスローズの育て方ブログとガーデニング花情報WAKAIZUMI FARM

WAKAIZUMI

Author:WAKAIZUMI

HOME PAGE

クリスマスローズカテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

Bookmark

このエントリーをはてなブックマークに追加

Please click

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。