クリスマスローズの育て方とガーデニングスタイルBLOG

  日陰の庭のシェードガーデニング、窓辺のベランダに、庭をクリスマスローズのお花で素敵に飾ってみましょう。東京から楽しいガーデニングスタイルとクリスマスローズを通信販売でお届けします。  クリスマスローズの栽培管理技術・花の病害虫対策、植物の魅力と楽しみ方の話題と写真画像をお楽しみください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

知ってる人は知っているクリスマスローズ

IMG_7625.jpg
IMG_7623.jpg

数日前に農場からやってきたカラス葉のクリスマスローズ。

直売に来られてこのクリスマスローズの花を見ている人は知っている。

ダブルで咲いてくる事は解っているが幾つ、どういう風に咲いてくるかは解るのは神様だけ。

10年近くシリーズのクリスマスローズを育種して、最初はどうなるかは全く不明でしたが6~7年ほど前に微かに希望を見せてくれる花が咲いてきた。

その数は1株。

一株では心許ないところですが、同じ両親からの株が花を咲かせてくれたのはラッキー、しかしその花の趣は形や色は希望を叶えさせられていたが、もう一つ足りない部分が見える。

そこは数年後の夢を見ての花粉付け。

一昨年、それは叶ったようだが実物のクリスマスローズを見たのはずっと後のことで、夢見た花は去年の2月のことで、知っている人は知っていると言ったところ。

数日前、その仲間のクリスマスローズがコレ。

「鳴かぬなら鳴くまでまとうホトトギス」、「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」、「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」。

どれが正解かは神のみぞ知るといった所でしょうが、正直全てが当てはまるのではと思うこの頃です。

IMG_7626.jpg
  1. 2015/01/29(木) 19:54:50|
  2. クリスマスローズ販売情報
  3. | コメント:0
<<寒中お見舞い申し上げます | ホーム | クロアチカスダブルを使ったハイブリット>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

クリスマスローズの育て方ブログとガーデニング花情報WAKAIZUMI FARM

WAKAIZUMI

Author:WAKAIZUMI

HOME PAGE

クリスマスローズカテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

Bookmark

このエントリーをはてなブックマークに追加

Please click

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。