クリスマスローズの育て方とガーデニングスタイルBLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クリスマスローズ お客様からの絹の便り

クリスマスローズ 絹

夕方、家の帰ってメールを見ると昨年の秋に絹の苗を購入していただいたお客様からメールが入っていた。

添付ファイルを開くと、そこには見事に作られた絹の蕾がごちゃごちゃ。
病害の後もなくすくっと立ち上がった葉の茎、そして根元にはいくつもの蕾、時期的にはかなり大きくなっている。
バイオゴールドのおかげか、それともメールで画像を送ってくれたお客様の腕か。

来春に花が開くだろう蕾も確認でき、たぶん2月10日前後には淡いピンクの花をたわわに見せてくれそうですが、ここで注意しなければならないことが発生する。

数多くのクリスマスローズの中でも絹はまれに見る多花性。
片親のニゲルの性質を確実に受け付いて最初の開花から花が多く咲いてしまう。
嬉しいこと限りないのですがすべての花を咲かせてしまうと、それ以後の生育に負担をかけてしまうためお客様には1本か2本程度咲かせて、その他の蕾は切り取ってくださいとお願いしています。

が、クリスマスローズが好きで絹を育てている方に、それができるかが心配なところです。
  1. 2015/11/18(水) 19:12:20|
  2. ヘレボルスの原種チベタヌス 絹 h.niger×h.thibetanus